レジャー

【那須の街道を行くVol.1】ホントは秘密にしたいインスタ映えの地元道~千振編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さまこんにちは!
那須在住のライター、タッキーと申します。これからナスモでしか知ることのできない情報をたくさん書いていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします!

さて、関東圏にお住まいなら、一度は観光で那須高原を訪れたことのある人も多いのではないでしょうか。ネットで「那須 観光」と検索すると、那須の景勝地やレジャー施設がたくさん出てきます。

ただ、確かにそれぞれいいスポットだとは思うのだけれど、どのサイトも情報として似通っているし、観光スポットは文字通り「点」の情報なんですよね。だからその周辺がどういうエリアなのかが分かりづらい。

また那須ICを降りて必ず通る那須街道は、ハイシーズンになると観光に来た方の車で渋滞になります。実は地元の人が使う裏道があるのですが、あまり知られていません。渋滞のときなら抜け道として使えるし、むしろ裏道を走っているときこそ「いい場所だな~」という景色に出くわすことが多いんです。

つまり観光スポットではないけれど、地元民がよく使う道にこそ那須の魅力が隠されているのではないか。そんな仮説のもと考えた企画が「那須の街道を行く!」です。
たとえば、こんな「那須の道」を紹介できればと思ってます。

・茶臼岳を望みながら気持ちよく走れる道
・インスタ映えする道
・渋滞から回避できる抜け道
・那須高原にどハマりする曲を流して走る道
・目的地にちょっと遠回りしてでも通りたい那須の道

観光で訪れた人に、もっと「那須の道」の魅力を知ってもらえたら嬉しいです。
那須を満喫するなら、那須街道を走るだけではもったいないですよ!

 

ここは北海道?地平線を望む牧草地帯を走る

那須は本州有数の酪農地帯

 

那須は本州有数の酪農地帯であることをご存知ですか?酪農王国とも呼ばれる北海道を除けば、那須塩原市は本州一生乳を産出するほどの酪農の町なのです。

また那須高原がある那須町も、酪農業を営む方がたくさんいます。とくに千振(ちふり)という地区は昔、満州から引き揚げてきた方や他県から移住してきた方が開拓した歴史をもつ、酪農エリアとして知られています。

それで、僕はこの千振という場所が大好きなんですね。
なぜなら牧場が多いから!!
つまり、牛乳が好きだから?それとも牛そのものが好きだから?
もちろん牛を見るのも好きなんですけど、もっと強い理由がほかにあります。
それは、何といっても、子どもの頃から地平線が好きなんです!

ドラマ「北の国から」を観てからずっと地平線が好きだった

とくにその先に何があるんだろうって、坂の下から見上げる地平線は、ホントたまりません。
牧場って牛を放牧するための広大な牧草地があるから、那須は北海道と並ぶ酪農王国であると同時に、地平線王国でもあるんですね。

ドラマ「北の国から」を観ていた子ども時代、遥か地平線を見渡せる富良野の大地によく憧れていました。実際に行ったことはないけれど、勝手な富良野のイメージが今も頭に焼き付いてます。

そんな地平線マニアの自分の欲求を満たしてくれるのが、千振という地区。だけどもったいないことに、観光の人にはあまり知られていません。だから今回は千振を少し走ってみたいと思います。

県道305号線をまっすぐに走ります

スタート地点は国道4号の「朝日小学校入口」交差点から那須岳方面、県道305号線を上がって行きます。ちなみにこの道をひたすらずーっと上がっていくと「那須どうぶつ王国」に到達します。行かれる方はぜひこの県道305号線を使ってみてください。

それにしても牧草地に座り込んで、ぼうっとできるような場所ってないのかなと、思うんです。観光牧場のようにレストランやお土産屋さんが併設されているところではなく、ただ寝そべって空を見上げたりできるような静かな場所。そんな牧場があれば、日帰り温泉感覚で行っちゃうと思うんですよね、自分は。

北海道のような牧草地が広がっています

そんなことを考えていると、りんご園の先に広々とした牧場が広がってきます。オススメは千振公民館のある交差点あたり。毎年7月から9月にかけては牛の飼料となるトウモロコシ畑が一面に広がり、壮観な眺め!夏休みシーズンが見ごろです。

夏は一面飼料用のトウモロコシ畑が広がっています

千振公民館の隣接地には開拓碑が建てられていて、碑文には満州から引き揚げて来た方たちが、那須山のふもとにたどり着き、必死に開墾してきたことが記されています。大変な苦労の末に今の千振があることが書かれていて、ちょっとぐっときてしまいます。

この道一番のオススメスポット。那須らしい風景が広がっています

この交差点を直進せずに少しだけ左右の道に50mほど曲がってみると、手前に牧草地、遠景に茶臼岳を望むインスタ映えスポットが出現します!!
ちょっと寄り道するには手ごろな距離ですので、立ち寄ってみてください

さて、県道305号線をさらに茶臼岳に向かって直進していくと、両サイドを牧草地帯に挟まれたエリアがどんどん出てくるので、風を切りながら気持ちよく走ります。

そして。

坂の下から望む空の抜け感がとてもいい車道を上まで上がっていくと、今度はパノラマビューの牧草地が広がっています。そして遠くには雄大な茶臼岳!!

この道一番のオススメスポット。那須らしい風景が広がっています

遠くには冠雪の茶臼岳が望めます

那須フラワーワールド園内からの眺め。春からオープンします

この場所、かなりオススメ。個人的に那須高原で1、2を争う那須の道だと思っています。
そして大沢の信号まで下ったところには、、チューリップ、バラ、ルピナス、ポピーなどの花々が絨毯のように広がる那須フラワーワールドがあります。それこそ富良野のラベンダー畑のような光景なんです。ぜひ、合わせて立ち寄ってみてください。

◎今回走ったコース
国道4号から「朝日小学校」の交差点を県道305号に入り千振地区へ

次回も那須のオススメ街道をお届けします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る