スポット

【2020年最新版】遊び方完全マニュアル!那須どうぶつ王国【タウン編】_ PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

みなさんこんにちは!

お家時間が続く今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?

記事を通じて、みなさんの心を少しでも明るくできたらなーってなことを最近考えております、かなえです。

家では、犬と猫を飼っております。

むさし(オス)

犬のむさしと、

ニーナ(オス)

猫のニーナです。

え???

かわいいですか?

うんうん♡
私もそう思います、ありがとうございます。

はい、
失礼いたしました。

そんな動物好きの私が、心を躍らせながらやってきたのが、ここ!

「那須どうぶつ王国」

動物園よりも動物との距離が近く、たくさんの動物と触れ合えることで有名。
県内外からも多くの観光客が訪れる、大人気スポットです!

(左:私)(右:ぶちさん)

今回私を案内してくださるのが、どうぶつ王国に勤務し、『NASU☆きらめきGirls』としても活動している「ぶちさん」です!

*『NASU☆きらめきGirls』とは・・・*
那須高原のホテルやレジャー施設の女性スタッフで結成されたグループ。那須高原を温かいおもてなしとHOTなハートで盛り上げるのが主なお仕事。

ちなみにぶちさんは、NaSuMoライターとしても活躍する、おっとり系仕事シャキシャキお酒大好きスーパーウーマンです。

ぜひ一度、彼女と日本酒を飲み交わされることをおすすめします。

では!出発ー!!

熱帯の森

最初に来たのは、熱帯に暮らす動物たちの環境を再現したという「熱帯の森」

柵などを設けずに動物を解放し、のびのびと暮らす様子を間近で観察することができるそう!

タイハクオウム

こちらはタイハクオウムのライラちゃん!
真っ白で美しいです〜

ライラちゃんの得意技はおしゃべりだそうで、
「ごあいさつは?」「こんにちは」
「朝は?」「おはよう」
「お名前は?」「ライラ!」と
お姉さんとおしゃべりしていました。

おりこう!

ダンスも踊れます♩
首をふりふりするダンスがとっても可愛い。

羽を広げると、内側が綺麗なレモン色です!
ぜひお見逃しなく。

ナマケモノ

こちらはナマケモノのマロロちゃんです。

のんびりとした動きが怠けているように見えることから「ナマケモノ」という名前がついたそうなのですが、怠けているわけではないんですよね。
しっかりお仕事していました。

お姉さんが抱っこしているときに、特別に触らせていただくと、思ったより毛が硬かったマロロちゃん。

強そうな毛でした。

お食事中です。
爪が長ーい!

ゆるーい感じが、とても癒されます。

ルリコンゴウインコ

鮮やかなブルーが美しい、ルリコンゴウインコ。
ぶちさんと一緒に写真を撮っていたら・・・

「アーーーッ」って一喝されました。笑

こんなに鮮やかな色が自然になじむような、熱帯の世界があるんですって。
私たちが住んでいる世界とは全く違っていて、自然の雄大さを感じますよね。

カメ

カメさんも、一生懸命地面を歩いています。
人が歩いている道にいるので、気付いてあげてくださいね!

それから、カメさん、意外と歩くの速いです。笑

アヒル

お尻をふりふりさせながら歩く、アヒルさんもいます!
愛おしいショットが撮れました。

コモンマーモセット

やんちゃなコモンマーモセットが、頭の上をぴょんぴょんと移動しています。
小さなお家に、みんなで集まって、かわいい・・・

コウモリ

実は、館内にはコウモリもいます。

ぶちさん曰く、「みんなコウモリの存在に気付いていないそうなので、ぜひ見つけてあげてほしい!」とのこと。

館内の隅っこの天井を覗いて、探してくださいね!

保全の森

日本固有種の保護・保全をするためのシュミレーションとして公開されているエリア。

ニホンライチョウ

ニホンライチョウは、国の特別天然記念物に指定されているそうで、現在国内に2000羽ほどしか生息していないそう。

丸いフォルムがころころしていて可愛らしいですよね。
そして、美しい。

消えてしまわないよう、守っていきたい尊さです。

ニホンリス

「撮ってー!」と言わんばかりにナイスポジションでご飯を食べ続けてくれるリスさん。
とっても器用で、愛くるしい。

人間の歯では、到底割ることができないくるみの殻を、いとも簡単に割り、中身を10分ほどで食べてしまうとのこと!

こんなにかわいいリスさんも、準絶滅危惧種に指定されているそう。
自然に放たないことも、動物の減少を防ぐことに繋がるのだそうです。

スナネコ

アフリカの岩砂漠などに生息する、世界最小の野生ネコで、その愛らしい様子から「砂漠の天使」と言われるのだとか。

2020年3月20日にお披露目されたばかりのスナネコ!
シャリフくんとジャミールちゃん。

まだ人になれていないらしく、控えめです。
もふもふが2匹くっついてて、本当にかわいい・・・。

ちなみに、タウン内は、こんな感じの回廊になっているので、雨の日でも安心です。

アジアの森

2019年4月にオープンした「アジアの森」

アジアに暮らす動物たちの世界を植物・擬木・滝・擬岩などの景観造形を交えて再現しているそう。

しかも、できる限り人と動物の障壁をなくし、動物の世界に人が入り込んでいくような施設にしたとのこと!
なんということでしょう。

あのですね、私、レッサーパンダが大好きすぎるのです・・・。
もはや緊張します。

では、行きます。

レッサーパンダ

見てくださいこの可愛さ・・・
ぬいぐるみですか!!!

可愛すぎて胸が苦しい。

左がジジくんで、右がダイズちゃん。

私も餌をあげさせてもらいました。

こんなに近くまで来てくれるんですよ!
触ってしまいたくなるほど。

あー幸せ。
幸せすぎます。
家で飼いたいです。

ジジくんのりんごを、ダイズちゃんが狙っているの図です。笑

ちなみにダイズちゃんの方が、食いしん坊でありました。女は強しですね。

最後にどうしても好きすぎるジジくんのポスターがあるので載せさせてください。

♡♡♡

これは反則。愛くるしすぎて夜も眠れません。

ビントロング

レッサーに続き、つぶらな瞳がとってもキュートなビントロング。
マレー語で、「熊のような猫」を意味するそうです。

ビントロングにも、餌、やりますよー!

餌は、りんごです。
細い木の上に登ったまま、上手に食べていますね。

びっくりしたのは尻尾の強さ!
しっぽを木に巻きつけて、全体重を支え、ぶら下がれるほどなんです。

マヌルネコ

こちらは、大人気のマヌルネコ!
目つきがうちの猫に似ているような・・・親近感。

飼育員にお姉さんにかまってほしのか、一生懸命アピール。
両手をわしゃわしゃさせて、最高にキュートです。

ボルくんと、ポリーちゃんに会うことができますよ!

ペンギンビレッジ

次は、ペンギンやアザラシを間近に観察することができる、ペンギンビレッジ。

フンボルトペンギン

餌を待ちわびる、ペンギンちゃんちゃんたち。

ここでも餌やり体験をさせていただきました!

お魚さんを半分に切って、ペンギンにあげます。
結構大きいまま食べるんですね・・・

飼育員のお姉さんは、こんなにたくさんいるペンギンの名前を全て覚えていて、本当にすごい・・・!

羽につけたタグのようなもので見分けるそう!
片方は、親の色、もう片方は自分の色なんだそうです。
ペンギンなのに、ホタテちゃん、アサリちゃんなどなど、素敵なネーミング。

この子たちは、まだ赤ちゃん。
人が見ている前でも、餌を食べることができるように、練習していました。

お姉さんについていくよちよちの姿が、本当に可愛らしい。

ニシツノメドリ(パフィン)

那須どうぶつ王国でしか会えないという、パフィン。

くちばしの鮮やかさから、「海のオウム」「海のピエロ」などと呼ばれているそう。
困ったような顔が、守ってあげたくなるような可愛さです。

ランチ(ヤマネコテラス)

ここで、お待ちかねのランチの時間!
こちらは「ヤマネコテラス」です。

最も絶滅に近い種類に分類されている、ツシマヤマネコ。
その保護活動の一環として栽培される、ツシマヤマネコ米を使用するレストラン、だから、”ヤマネコ”テラス。

絶滅の危機に瀕している生き物たちを守ろう!
ということを呼びかける、生物多様性(地球上の生き物がバラエティに富んでいること)啓発型レストランなのだそうです。

いただきますー!
というか、いただいてます。

私が食べたのは、こちらの「那須の内弁当」=「なすべん」
那須の食材を使った、地産地消ランチプレート。

「なすべん」の定義とルールが決められており、それに沿って作られています。

那須のレストラン6箇所で、各々工夫を凝らしたなすべんが食べられますよ!

那須どうぶつ王国さんのなすべんには、各お皿に一つずつ、動物が隠れているんです!
これは羊さんかアルパカさんですかね?

ぶちさんが食べているのは、「ヤマネコランチ」

ヤマネコ米を米粉にして作ったという猫ちゃんの米粉パンが、映え〜ですね。
食べるのがもったいないくらい。

ぶちさん、素敵な食べっぷりです。

「ヤマネコテラス」や「生物多様性啓発型レストラン」について詳しく知りたい方は、以前ぶちさんが書いているこちらの記事をぜひご覧くださいね!


お腹もいっぱいになったところで、次は、ぶちさんが愛してやまないカピバラですよ〜

この前「飼いたい」って言ってました、カピバラ。

カピバラの森

カピバラと0距離になれる「カピバラの森」

ゆったりと生活するカピバラさんの平和な世界にお邪魔してきました〜!

このカピバラちゃんの顔、見てくださいよ。
癒しでしかないですね〜

無限に笹の葉を食べてくれます、無限に。

餌につられて、カピバラさんの毛が足に刺さるくらいにくっついてきてくれます。
かわいい。

カピバラとのスリーショット。

撮れた!
お鼻の穴が、とっても魅力的なカピバラさんに仕上がりました。

お水を飲んでみたり、泳いでみたり。
ずっと見ていたいくらい、ほのぼの癒しの空間です。

ウェットランド

熱帯の湿地に暮らす動物たちの世界を再現したという「ウェットランド」

ここでも間近で動物たちを見ることができるとのこと!

ハシビロコウ

動かない鳥と言われる、ハシビロコウさん。
キリッとしてて、なんだか気高い感じ。
グレーの羽がとてもお美しいです。

もう、本当に動かない。笑

あっちの方を向かれていました。

やーっと、向いてくれた!

すごいキリッとしてますよね。鋭い眼光です。

ジャガー

続いては、ジャガー!

私たちの頭の上までジャガーさんが歩いて行けるので、こんなに立派な肉球を激写することもできます。

ソルくんを待ち伏せ。
飼育員さんが、餌のお肉でこっちに呼んでくれました!

野生ではなんと、カピバラやバク、ワニなどを獲物として生活をしているんだとか。さっき見てきたのに・・・笑

天敵もおらず、「南米の王者」と呼ばれているそうです。

こんな風に木登りが得意なジャガーさんですが、なんと泳ぐのも得意なんだそう!
・・・ギャップ萌えですね。

こんなに近くで見ることができます。
しばらくの見つめ合い。 

とてもハンサムなお顔です。

こちらはメスのルナちゃんです。
左の目と耳の間に、♡型があるのがわかりますか?

ぐっすりおやすみしていて可愛い〜

バク

続いてバクさんにも餌やり。

そう、夢を食べてしまうという、あのバクです。

とても立派なお口はまるでお馬さんのよう。豪快な食べっぷり。

ぶちさんも今回が初めての、バクの餌やり体験だったそうです!

夢じゃなくて、ニンジンやリンゴをとっても美味しそうに食べておられました。

オオカミの丘(北アメリカゾーン)

最後にやってきたのは、「北アメリカゾーン」!
残念ながら、オオカミの公開はまだでしたが、2020年3月20日にオープンしたばかりの新しいエリアです。

ビーバー

本当に目の前までビーバーさんが泳いできてくれます。
とっても気持ち良さそう。

こんな顔で見つめてきます。
何かのアニメにでも出てきそうな、アイドル顔が愛くるしいですね。

大大大サービスで、バシャバシャの舞です。
無限バシャバシャ。

ここでは、ピボくんとイオちゃんに会うことができます。

シマスカンク

スカンク、初めて見ました!
こんなにかわいいお顔をしているんですね。
そして、小さい!

スカンクといえば、”くさいおなら”。

肛門付近にある臭腺というところから出ているそうで、敵に襲われそうになると、逆立ちして敵に向けておならをするとのこと!

可愛い顔に似合わない必殺技ですね。

どうぶつ王国にいるスカンクちゃんたちは、おならしないので、ご安心くださいね。

毛は柔らかくてふわふわで、気持ちよかったです〜

スカンクのおならの匂いを1万倍に薄めた匂いを嗅いでみました!

くさい?のかな・・・?
腐った漬物みたいな・・・
なんか香ばしい感じでした。笑

私は、思ったほどではなかったのですが、カメラマンは悶絶してたのでご注意を。笑
臭いと感じるかどうかは、人によるのだそうです。

でも、実際はこの1万倍なので、想像できませんね。

最後にスカンクのおならの匂いを嗅いで終わるという、誰もが予想だにしなかったエンディングを迎えております。ありがとうございます。

癒されました・・・

10年分くらいの「かわいい」を連呼し、使い果たした感があった1日でしたが、皆さんには伝わりましたでしょうか。

画面の前の皆さまに、少しでも癒しのひと時を提供できたのなら本望です。

大人になってから動物と触れ合える機会ってなかなかないですよね。
生き物の息遣いを目の前で感じることができる空間は、本当に癒しであり、和みであり、エネルギーをもらえるような。

状況が落ち着いた時に、ぜひ那須どうぶつ王国に足を運んでいただき、那須の自然と動物たちと共に素敵な1日をお過ごしいただけたらと思います。

私のお気に入り土産

せっかくなので、私が一番お気に入りのおおすすめ土産をご紹介します!

こちら!

アームレストにもなるぬいぐるみです。
このまま寝られるので、勉強や仕事の合間のお昼寝にぴったり。

ジャガーのルナちゃんで、ちゃんと左の目と耳の間に♡があります。

こちらのネットショップからでも可愛いグッズを購入できますよ*

ファームエリアも

どうぶつ王国には、「ファームエリア」という王国タウンからバスで移動して行く”屋外エリア”があります。

タウンとはまた一味違って、牧場でのびのび生活する動物さんたちの様子や、空を悠々と舞う、鳥たちの様子を見ることができますよ。

ファーム編も、ぜひお楽しみくださいね!

施設情報

〈営業時間〉
営業時間は季節や曜日によっても異なります。
公式HPからご確認ください。

〈入場料金〉
入場料金も季節によって異なります。
公式HPからご確認ください。
*お得な前売りチケットも、ぜひご活用くださいね!

〈アクセス〉
詳しいアクセスついてはこちら
シャトルバス(予約)等のご利用情報はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る