移住・住まい

移住をフルサポート!?新時代の工務店。【all in house(オールインハウス)】

こんにちは!

那須移住歴あとちょっとで1年(!!!!!!!) ”自称”那須観光大使こんどうあゆです。毎日数えているわけではないですが、あと数日で那須町民になってから1年。

より一層、胸を張って那須での暮らしや楽しみをお伝えしていけたらな思っています。(そろそろ”自称”ではなく、”他称”那須観光大使になれないですかね〜〜)

さて今回は移住と住まいの事情について。

これから東京と那須の二拠点で移住をフルサポートされる工務店。all in house(オールインハウス)さんに今後の取り組みや、8月末に開催されるオンラインイベントについてのお話を伺ってきました。

昨今の那須移住事情

このところ体感レベルではありますが、移住についてよーくお問い合わせをいただくことが増えました (データに基づくとかではない、あくまでも体感の話です)。

気になるお問い合わせ内容ですが、小さなことから、本格的に移住のための一歩を踏み出す方まで様々です。

その中でも1番多いのが

住む家問題!
(すごくすごく省略すると、建てたい!を始め、購入&賃貸できるお家が多くない。)

これは那須に限らず、様々なエリアで抱えている問題点ではあるのかなと思われます。ただ、実際住んでみると、あちらこちらで

「あそこ空き家だな〜」など、空いているお家ってたくさんあるように感じられるんですよね。がしかし、感じられるだけで実際にはそんなにスムーズにお家探しはできない方が多い模様。

それでも、スルッといい物件や工務店さんに“出会った”という方もちらほら耳にします。

移住歴1年にも満たない私が偉そうにいうのもなんだかなと思いつつですが、移住推奨派として、過去に那須のローカルラジオにて、住んでいる目線でのリアルなお話をたっぷりさせていただいておりますのでご興味ありましたら是非ご覧ください。

オンライン開催。移住先輩と語り尽くす那須ナイト!

そんな中、今月8月27日(金)そのあたりのことを気軽に聞けちゃうオンラインイベントの開催が決定したようです!

主催は東京と那須の双方に拠点を構え、移住をフルサポートする工務店 all in house(オールインハウス)

(移住をフルサポートする工務店!!!!気になる〜〜〜このあとしっかりインタビューさせていただきました!!!!)

そして

我らがNaSuMoの代表であり、那須町の移住コーディネーターの木下愛貴と、

今のところ“自称”那須観光大使のこんどうあゆが、当日ゲストスピーカーとしてオンライン登壇させていただきます。

詳細はこちら!

次の章ではall in house(オールインハウス)さんにインタビューです。

移住生活をデザインする新時代の工務店。all in house(オールインハウス)とは?

もともとは東京にメインに50年ほど続くムクヤホームという工務店。

その中で「東京以外で家を建てられるところはないだろうか」という声を耳にする機会が増えたことが

all in house(オールインハウス)のはじまりのきっかけ。

左から:粟津と西村さん

今回は代表取締役の西村さんと、家づくりコーディネーターの粟津さんにお話を伺ってきました。

 

あゆ“移住をフルサポートする工務店”という、これまでにありそうででなかった、新時代の住まいづくり、具体的にはどんな会社なのですか?

西村さん:基本的には、現在東京在住の方で、今後地方移住を検討されている方をメインとした工務店です。これまでたくさんのお客様とお話ししている中で、東京では土地が高く、なかなかお家を建てることにお金をかけられる方が多く無い。その中で近年は「東京以外で建てられるところないだろうか」という相談が増えてきたこともあり会社を設立するに至りました。

あゆ:数ある移住地の中で那須を選ばれた理由を教えていただけますか?

粟津さん:もともと親戚の家が那須にあったこともあり、幼少から那須にはよく通っていました。これまでも度々訪れている中で、那須に思い入れがあったことが一つの大きな理由です。

都内在住の方の移住候補地として、北海道から沖縄まで各地があげられます。ただ、なんだかんだ東京の便利さを捨てきれない方が多いのも現実で、そうなった時に那須という場所は、東京まで新幹線で70分という行き来しやすい立地も非常に魅力を感じています。

あゆ:わたしもまさに同じような理由で、那須に移住して参りました。なんだか親近感。この計画はいつ頃からされていたのですか?

粟津さん:3年ほど前からです。

あゆ:なんと!ここ数年で働き方が見直され、住む場所を改めて考え直す方が多くなる前の絶妙なタイミングでの一手ですね!そしてそれをすでに形にしてらっしゃる。素晴らしいです〜

”移住相談とお家を建てる”がセットになっているというのがとても新しく感じました。言葉としてはわかるのですが、なかなかピンとこない方も多いかと思うのですが、お家を建てること以外では、具体的にどんなアプローチをしていく予定なのですか?そしてそんなご相談も多くあったりするのですか?

西村さん:今のところご相談自体はそんなに多くは無いのですが、いずれそうなるのではと考えています。那須に家を建てます!建てた後の生活ってどんな感じなの?と、いうことがわからない方がほとんどだと思いますので。

粟津さん: “那須の良さを伝えていく”ということは僕ら以外にもたくさんの方がされているので、僕たちの強みとしては家づくりを通して”暮らしをデザインしていくこと”

衣食住を考えた時に、世界と比べてみても日本の方は“住”への優先順位がそこまで高くない。

これまでムクヤホームとしても、快適さや、壁ひとつにしても断熱材やどんな構造なのかを大事にしています。せっかくお家を建てるなら、那須の気候やライフススタイルに沿った長く住めるお家を提案するとともに、何か問題があった時に相談できるハブみたいな役割をしていきたいと思っています。

あゆ:それはとても大切ですね!暮らし方に直結する近隣のコミュニティーや、冬の寒さをはじめとした気候のことなど地域に特化した情報ってネットには載っていないですからね。わたしもこの1年NaSuMoのチームだったり、移住の先輩方のリアルな声にとても助けられました。移住を検討されている人、移住をした人にとってそういう取り組みをされている方が身近にいることはとても心強いと思います。

粟津さん:あとはリフォームやリノベのご相談も受けていきたいですね。例えば新築以外にも、中古物件を購入した場合って、廃業しちゃって相談口をなくしている場合もあったりしますし。

あゆ:本当に!そのあたりの情報ってとても少ない気がします。わたしもこの冬に早速ご相談したいことがありそうです。

今後の予定を教えていただけますか?

粟津さん:今後は来年4月に第一弾のモデルハウスができる予定です。そこから具体的に移住体験や二拠点生活の提案ができるようになるかなと思っています。弊社としては東京と那須、拠点が二つあることによってよりスムーズかつリアルな情報をお伝えできるのではないかと考えています。

あとは今月末に予定している、初のオンラインイベント” 移住先輩と語り尽くす那須ナイト!”を定期的に開催して、今後移住を検討されている方との交流をしていきたいと思っています。

あゆ:なんとも今後の展開が楽しみですね!オンラインイベント、当日わたしも参加させていただくのを楽しみにしております!

all in house(オールインハウス)のサービスとホスピタリティー

今回のインタビューをもとに、all in house(オールインハウス)さんにご相談できることをまとめてみました!

1.明瞭な予算と資金計画

・ライフシフトに特化した資金相談

今までと暮らし方を変えるための資金面のサポート。お家を住み替えるにあたり売却や貸すという選択肢の提案。

移住先の手続きや補助金、ライフシフトにまつわるすべてをトータルサポートいたします。

・明確なオールイン価格

住み替えたあとにかかる費用を考慮した価格の提示。

新しいライフスタイルにかかる費用を算出した上での無理のない予算計画。

その中で叶える「自由な暮らし」を安心のパッケージ価格でご提示します。

2.いつでも、 何度でも。 安心が続くサポート体制

・家づくりが動くまでの打ち合わせ

都内での打ち合わせから、土地探しまで、東京と那須の二拠点に在住するスタッフの連携を最大限に活かし、効率よく進めることができます。

・引越しなどの生活準備までのサポート

移住に伴う様々な手続き、引越し先でのライフラインの手配など、暮らしに役立つモノ・コトをご紹介します。

■資料請求、お問い合わせはこちら

”移住相談とお家を建てる”ということ。

この記事を書きながら、

「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」という有名なセリフをふと思いだしました。

日々の変化がめまぐるしい今日この頃、事件ではないですが、移住してからこの言葉に強く共感することが多い。

特に地方においては机上の空論ではなく、地域コミュニティ(マイノリティ)の中に、暮らしのヒントがたくさんあるような気がします。

今回のall in house(オールインハウス)さんのインタビューでは、一企業さまとして家を建てた後のアフターフォロー(移住相談)も視野に入れた取り組みをされていることがすごく新鮮に感じたのとともに、今後NaSuMoとしても積極的に交流をさせていただけたらと思った次第です。

all in house(オールインハウス)西村さん、粟津さん

たくさんのお話をお聞かせいただきありがとうございました!

(※本記事はall in house(オールインハウス)の提供でお送りしました。)

 

最後にもう1度、8/27(金)20:00〜のイベント告知となります。

そして、all in house(オールインハウス)さんブログ内『移住先輩の話』にわたくしこんどうの記事も掲載していただきました。

株式会社all in house
〒325-0001
栃木県那須郡那須町高久甲565-25
Tel:0120-792-781
営業時間/10:00~17:00 
定休日/毎週水曜日・第3日曜日
https://www.all-in-house.jp

この記事を書いた人

関連記事

  1. 【那須での老後の暮らし方vol.3】教えて!介護の相談窓口と予防の取り…

  2. 栃木県北からアキバに出勤!意外といける!2拠点居住もあり?【那須塩原 …

  3. 【那須での老後の暮らし方vol.2】~芦野の高級サ高住で優雅に暮らそう…

  4. MAX 130万円!?那須町での住宅取得で補助金ゲット!

  5. 【とちぎ暮らし・しごと支援センター】都内にいながら栃木県の移住定住の相…